パチンコで金欠になっても誰も同情しない

理由を話すとパチンコで貧乏しているでは誰も助けてはくれないだろう

日本で気軽にギャンブルができるといえば最近はパチンコ・パチスロでしょうね。競馬なんかも最近はスマートフォンやインターネットで購入できる様になったので、馬券売り場に行く必要がなくなりました。そして日本にカジノを作ろうという動きもずっとあるみたいですし、このまま行けばギャンブル天国になる可能性がありそうです。

そんな気軽にギャンブルができる日本で、パチンコ・パチスロをするとなった場合、多くの人が余裕のあるお金でやっているというわけではありません。給料が入ったらそのほとんどをパチンコ・パチスロに使ってしまうという人もいて、パチンコで金欠という誰も同情してくれないような状況になることもあるのです。

お金がないという状況は誰しもが経験することで、若いうちには特に多くの人がお金がないことを嘆いているでしょう。そのほとんどの人が生活をしたり仕事をしたりするためにお金が必要で、そのために金欠になっていると思います。しかし中にはパチンコで金欠という人もいて、こういう人はまず友達などに話をしても「自業自得だ」と言ってお金を貸してもらったりすることは難しいんではないかと思います。キャッシングなどでお金を借りて、さらにパチンコで金欠になるまでつかってしまう人もいるくらいで、中毒性が高いので治療が必要と最近は言われています。

別にギャンブル自体が悪いわけではありません。合法ですし、やりたい人はやってもいいと思います。それがストレス発散になることでしょうから、やったほうがいいのですが、このギャンブル自体が目的になってしまって、パチンコで金欠なんていう事が起こってしまってはだれも助けてくれないのです。ただでさえ世の中はあまりギャンブルに対していい目を持っていないわけですから、使うのであれば余裕のあるお金を使うべきです。国の法律でも実はギャンブルなどで借金を抱えてしまった時というのは自己破産できないというふうに決められているのです。それだけパチンコで金欠になった人に対しては国も冷たいし、友達や親兄弟も冷たいというわけです。