空の旅にクレジットカードが必要な訳

JALマイルはツアーでも多くのマイルを貯めることが可能

JALマイルはツアーでも多くのマイルを貯めることが可能

 

 

JALマイルを貯めるために、マイラーの方々は、さまざまな努力をしているかと思います。そんなマイラーの中で「まだまだ私は初心者だ」と感じている方であれば、ここでのテーマであるパッケージツアーに関しても、ぜひ頭に入れておいて欲しいと思います。理由は、以下をご一読していただければ、直ぐに理解できるかと。何かと便利なサービスでもあるので、上手に利用したいところですね。

 

 

パッケージツアーでもマイルを貯めることが可能

まず頭に入れておきたいことおは、JALが提供するパッケージツアーでもマイルを貯めることが可能だということ。フライトマイル(区間マイル)の100%を得ることはできませんが、状況によって50%〜75%ほどの還元率で貯めることが可能。

 

例えば、東京−ホノルル間を、とある格安航空券でツアー参加した場合は、4,000マイルほどを貯めることができます。通常は8,000マイルほどですが、ツアーということで安くなっている分だと思えば、大きな損ではないでしょう。

 

 

工夫次第で多くのマイルを得ることが可能

さて、先のパッケージツアーのお話は、あくまで基本的なこと。実は、ツアーでも工夫次第で多くのボーナスマイルを得ることができます。

 

例えば、クレジットカード。JALカードで支払いを行えば、それだけでマイルを得ることができます。他には、JMB旅プラス(有料)に会員登録をすることで、国外ツアーは700マイル、国内ツアーは200マイルを得ることができます。しかし、有料のため必ずしもお得になるわけではないので注意をしておいてください。ツアーを多く利用する方であれば、間違いなくお得なサービスではあります。

 

実は、まだ工夫することが可能な部分があります。それが、JAL eトラベルプラザと呼ばれるインターネット予約サービスを利用することで、200マイルを更に上乗せが可能。結果、国外ツアーであれば、900マイルとクレジットカードでの支払い分を得ることに。

 

 

軽視できないパッケージツアー

先の説明で、概ねパッケージツアーとJALマイルの魅力が伝わったたと思います。通常のフライトマイルと比べると、どうしても得るマイル数は少ないですが、それでも格安ツアーの割には工夫次第で大きなマイルを得ることができます。パッケージツアーと耳にすると、ついつい軽視してしまうこともありますが、決して侮ることはできません。

 

少々、話が逸れますが、JALカード(クレジットカード)をはじめ、さまざまなサービスを工夫して利用していくと、意外とマイルとは貯まるものです。貯まるとモチベーションも高くなるため、ここで紹介した内容をぜひ自分のモノにしてください。